自業自得だといまでは思います

トップ自己破産は最終手段 > 自業自得だといまでは思います

自業自得だといまでは思います

きっかけなんてささいなもの

33歳のOLです。都内で一人暮らしをしています。収入は、さほど高くはないですが、一人で暮らして行くのには十分でした。
元々、真面目で完璧主義なところがあり、息抜きの仕方が分からないくらい突っ走ってしまう傾向があります。

借金は、気がついたら500万円ほどになっていました。

借金を繰り返してしまった理由は?

長年付き合っていた彼氏と26歳の時に別れてから、なかなか良い出会いがなく、気がつくとホスト通いをしていました。
合コンに呼ばれたり、誰かを紹介してもらえるような機会もなく、異性の存在に飢えていたのだと思います。

贅沢をしなければ、普通に生活することができていたのに、ホスト通いを始めてからは、どんどんお金がなくなってしまいました。

どうして自己破産にまで?

これまでのOL生活でコツコツ貯めていた貯金は、ホスト通いによってあっという間に底を尽きました。それからは、キャッシングや消費者金融に借入をするようになりました。

しかし、返済が滞っていたので、そこからも借りることができなくなりました。返すあてもなかったため、知り合いの弁護士に相談をして、自己破産の手続きを進めてもらいました。

自己破産してからの生活は?

夢でうなされるくらい借金の怖さを思い知りました。自分には返せないくらいのお金を借りてしまったことを深く反省し、節度ある生活を送るようになりました。

借金地獄から解放されたのは、本当にありがたいことだと思っています。

自己破産のデメリットは?

一定の基準を満たした財産を取られてしまうところだと思います。

私は、地元に自分名義で購入した車があるのですが、そちらは手放すことになってしまいました。
貯金をはたいて買ったので、ローンはほぼなかったのですが、これまでの人生で一番大きな買物でしたし、それを失わなければならないのは、辛かったです。

自己破産を考えている人にアドバイスを

自己破産は、借金から解放されるというメリットもありますが、それ相応のデメリットもあります。
そういった事態にならないことが一番良いですが、もしもの時は、よく考えて決断をした方が良いでしょう。