自宅を手放しました

トップ > 過払い金の確認と任意整理 > 自宅を手放しました

自宅を手放しました

脱サラで住宅ローン返済に行き詰まり

内容が内容なので、あまり自己紹介したくないのですが、現在50歳です。
住宅ローンなので額は大きく約3000万円です。

住宅ローンを組んでからの流れは?

住宅ローン(35年間)は当初、3500万円ほど借り入れて、10年間返済を続けた。
住宅ローンを組んだ時はサラリーマンだったが、脱サラして自営を開始。仕事が減ったことで返済に窮しました。

そこで、任意売却の専門業者に一任。2012年に返済を停止。自宅は2013年に買い手(一般人)が見つかり、任意売却を行いました。
結果、元本の残債務約500万円と、遅延損害金約100万円(今現在)が残りました。

どのように任意整理を?

基本的には任意売却業者に任せていたのですが、銀行・保証会社とは、私とも、業者とも、手紙と電話のやり取りが数回あったのみ。
この間、銀行などが当方の様子を見に来ることもなかった。

結局、買い手が見つかり、買い手が指定した銀行で行う決済の時に、保証会社の人が1人、書類の受け渡しのために来たのみでした。
とにかく、淡々と進み拍子抜けでした。

その後、銀行の保証会社がサービサーへ債権を売却。
現在は、そのサービサーへ毎月1000円ずつの返済を続けている状態です。

任意整理で生活はどう変化?

正直、楽になりました。毎月約14万円の住宅ローンの返済は、年収が500万円以上あった時はまだしも、今や年収400万円未満なので、あのままローンを抱えていたら、生活はかなりきつい。
いずれにせよ、早晩行き詰まっていたでしょう。

任意整理のデメリットは?

私の場合は、債権者が1社のみだったので、手続きは滞りなく進行し、事務手続きにおけるデメリットは全くなかったです。

ただ、信用情報機関のブラックリストに仲間入りしました。当分、クレジットカードの発行はできないし、もちろん借金もできませんが、こちらは特にデメリットは感じません。
もう借金はしませんから。

任意整理をする人にアドバイスを

自分がいうのもなんですが、正直、こういうやり方は、人間としてどうかと思います。
これからの人生、いつかどこかで、バチが当たりそうな気がしてなりません。