借金の精算はできても

トップ自己破産がダメージに > 借金の精算はできても

借金の精算はできても

精神的なショックがずっと尾を引く

40代男性です。自動車修理の自営業で両親と同居、独身。
借金額は1660万円。

借金を繰り返したいきさつは?

実家の赤字会社を引き継ぎ、立て直すように親から命じられ、就業しましたが、すでに私が携わったときにはどうにもならない状況まで転落しており、借金額が自転車操業のために増えて行くばかりでした。

そのために、個人名義でも借金をしました。あらゆる金融に借金して、知人、友人、親戚関係にも借金しました。また、家電、パソコン、楽器など個人の所有物を質屋に預けたり、売ったりしました。

借金総額が1600万円以上になったところで、返済ができなくなり、破綻しました。

どのように自己破産を?

まずは、無料相談に行きましたが、どうにもならないので弁護士に相談してくださいと言われて、弁護士を訪問し、事情を説明して破産手続きをお願いしました。借金の内訳を整理することから始まり、結構時間がかかりました。

そのときすでに財産はゼロで家も売却しており、完全破綻でしたので、申請はある程度スムーズに受け入れられました。

何回か裁判所に面談に伺って事情を聞かれて、手続きを進めて行きました。ギャンブルに使ったのではないですね?などと何度もくわしく聞かれました。また、破産にかかる費用も身内に頼んで借金しました。

自己破産して生活はどのように?

本当に、身の回りにあった物は全て無くなり、からっぽの部屋で生活するという感じでした。
破産=廃業でしたので、生活も困窮して、家賃すらまともに払えない状況になりました。

結果、ホームレスとなり、両親は生活保護を受けることになりました。
精神的ダメージがひどく、社会不適合者になってしまい、また、人間不信に陥り、就業することなどできなくなりほぼ廃人となり、浮浪者となりました。

自己破産でさらに何かデメリットが?

私の場合、破産=人間失格などと言われて、どこからか破産したという情報が周りに漏れていて大変な目に遭いました。
社会的にはデメリットはないのでしょうが、精神的にあまりにショックが大きいと思います。

自己破産を考えている人にアドバイスを

なにもありません。